« 家族内での治療方針の考え方の違い | トップページ | テーブルトークRPG »

2018年9月16日 (日)

部屋づくり。自分をアップデート。

おそうじやさん八王子まりこです()/

優先ご予約、キャンセル状況のご案内、お役立ち情報など
最新情報はLINEで配信しています。
ポチッとお願いいたします。
検索はsru5558k
昨日はお休みでしたん
まりりん、休みの日なにしてんの?
とは全然聞かれません。
ええ。
まったく。
なので、聞かれてもないことをお知らせするというなんともアレなブログ書きますね()/

昨日はね、
8時くらいまで寝てやりましたよ。
寒いなーとか雨降ってるなーとか思いながら、布団の中でゴロゴローゴロゴロー。
()あーあ。
俺が安室ちゃんだったらなぁ()
と、どっかの誰かみたいな事を呟きながら、スラムダンク読んだり、寝たり。読んだり。寝たり。
いい加減、旦那さんが掃除機かけたり猫のトイレを片付けたりする音が聴こえてきたので、起きて、着替えて、旦那さんがセブンイレブンに新聞を買いに行くというので、なんとなくついて行き、なんとなく肉まんを買って、なんとなく食べて、
さて。
やりますか。
なにをするかと言うとですね。

部屋の配置換え
急に旦那さんが、部屋が欲しい
と、中学生みたいな事を言いだしまして。

あー、そろそろお年頃だしぃ、部屋も欲しくなってくるよねぇ()
って、
50歳っ!
50歳中学2年生みたいな感じだと、部屋欲しくなるんですかね。

でも、結構、みんなご主人様だけの部屋持ってたりしますよね?
まあ、部屋がないわけでもないし、
まあいっか。
と思って、やらなきゃいけない仕事をやっつけて、取りかかったわけですが。
あれ?
なんか、全然ひらめかない。
てか、ときめかない。
空間を考えるの大好きなはずなのに。
むしろ特技なはずなのに。
なんで?
っていうか
ぬんで?
っていうか、、、
なんでーーーーー???
実は昨日の晩、夫婦でいろいろ話し合ってまして、その中でハズバンドには部屋が必要だねって事になり、部屋づくりをしようって動きだしたわけですが、頭がこんがらがっちゃって、なんともスッキリしてなかったんですよね。
それを考えて、ちょっと夜眠れなくて。
それに旦那さんだけの問題じゃなく、娘たちの部屋にも影響が出そうなので、彼女たちの意見もちゃんと聞かないと、、、とか。
そしてあと半年でもしかしたら長女は家を巣立って行くかもしれない、、、とか考えたら
今すぐじゃなきゃダメですかぁーー?()
って叫びたい気分。

って言っても仕方ないので、
とある方に電話。
部屋のレイアウトの条件を全て吐き出して整える。
優先順位の1番はなに?
自分自身となるとなかなか整理ができなかったりするから、まずは全てを吐き出して見直す作業。
まとまらないときは人に手伝ってもらうのが1番助かります。余計な時間をかけずに済みます。
見直しして、早速旦那さんの部屋を作る作業をしまして。
もともと、ココが夫婦の寝室だったんですよね。
ココを旦那さんの部屋にしよう。
アレコレやりながら気づいたんですが、
なんか、いろいろこだわっていたり
考え方を変えられなかったの、
わたしじゃん。
子供の部屋はこうあるべきとか、
夫婦は、、、親は、、、
部屋は寝るだけでいいとか、
なんかこう自分の中に意識してなかった固定概念があったんですよね。
それに、コレを言ったらなんかバカっぽいんですけど、
旦那さんは、わたしと一緒がいいんだろう
って思い込んでたんですよね()
今回、思いのほか、部屋を離す事に抗っていたようなそんな気がして、
いつもなんかわたしがんばってるし、支えてるし、奥さんだし、お母さんだしっっって思ってたことが崩壊まではいかないけどでも、
旦那さん、自分から距離感を考えてたんだねってのがわかって。
ちょっと寂しいんですけど、部屋が離れるくらいでこんなの大げさなんですけど、ちょっと自立するんです、わたしも()
一人がいい!とか二言目にはほざいてたわたしも、ちゃんと自立するんだ()
長女は一人部屋がいいというので、しばらくは次女と寝る生活ですがね、半年後、もし、長女が家を出るようであればまた部屋の配置換えを検討してもいいし、今まで物置兼洗濯物干し部屋になっていた小さな部屋を次女のプレイルームにしてお友達と楽しく遊んでくれればいいかなーと。
やっとワクワクしながら作業に取りかかれそう。
物理的なモノに向かった副産物として、マインド調整ができた
わたしの良いところは、何か行動を変えた時に、目的とはちょっと違うサプライズに気づけるところだと思っています。
自分で蒔いた種を、1週間かけて旦那さんが立派に育ててくれて、わたしは自分自身の出来の悪さにびっくりしたところではあるけど、旦那さんへいつもと違う感謝をしているんですよ()
聞こえますか?()
程よい距離を保っていこうね。
アフター。
お部屋ができました()ノ
この件に関していろいろ相談をしていた友人がいて、その方からのお言葉が全て良い方向に導いてくださいまして、本当にありがとう()
そんなブログを書きながら、Facebookを見てたら番場佳子さんがまさにっ!な内容の記事をシェアしていたので、わたしも備忘録として、に残す事にします。
デキる男の育児論

いつも心に留めておいてる事ですが、
家族と言えども他人。
子供と言えども違う個体。
全て、違う宇宙を持ち、曲がりくねった道を一人で歩いていて、クネクネがたまたま重なったその時を共有して歓びを重ねる。
それだけでいい。
わたしはわたしでいる事に全力だし、あなたはあなたのままで幸せになってほしい。

« 家族内での治療方針の考え方の違い | トップページ | テーブルトークRPG »