« 昨日はブル−ベリ−狩り - 山崎 喬 | トップページ | 清々しい天気 »

2018年6月24日 (日)

多少粗くてもいいから、速く

もう6月も終わる、1年も半分が終わる。
年の初めに立てた目標、到達点の進捗状況はどうだろうか?
達成できたものもあれば、進んではいるがペースが鈍いものもある。
手応えがあるもの、今ひとつなもの、焦り焦りするもの、色々ある。
コツコツ進めつつも、見えてきたポイントを修正し続ける。
この繰り返ししか、行きたい場所にたどり着けない。
日本人は完璧を求める。
仕事も完璧に越したことは無い。
完璧とは素晴らしいものだ。
しかし、完璧なものでなければいけないという、幻想にも憑りつかれている。
完璧の幻想は、ギスギスした空気感を生み出す。
どんなに究極な仕事でも、完璧などあり得ない。
その時点での満点でも、その中には必ずどこか改善、改良できるポイントがある。
完成形を目指して、進化はあれど、そこに終わりは無い。
だから、モノもサービスも良くなり続けるし、新しいモノも生まれる。
何でも、最初に出来たものは粗い。
粗いものを、段々改良を重ねて仕上げていく。
この時に一番大事なのは、スピードだ。
失敗を重ねるスピードと、改良を重ねるスピードの両方が要る。
時間は限られているので、その中でどれだけの回数打たれたかが、
完成度の高さに比例してくる。
この日本における学校教育の中で、
日本人は「正解」を出すことを強いられ続けてきた。
同時に、間違えることを極度に嫌うようになった。
だから、正解を出せるまで行動できず、
間違えることを恐れて、現状維持に甘んじる体質が染みついてきた。
盛大に間違えて、どんどん方向修正したらいいのに、
上手くやろうとするばかりに、上手くいかない。
失敗の数だけネタになる。
失敗の数だけ財産になる。
粗削りでいいから、どんどん駄作を出せばいい。
人生は、時間との戦いである。
この間、患者さんと「命とは時間だ」というテーマで盛り上がってしまった。
今年の後半戦は、もっと攻めていこう。
ホームページ作りかけでごめんなさい。
焼津市・藤枝市の整体「からだ工房らくだ」
〒421-0201 焼津市上小杉269
080-3288-7235(代表 村田稔明)
営業時間 9:30〜20:00
定休日 第3日曜他

« 昨日はブル−ベリ−狩り - 山崎 喬 | トップページ | 清々しい天気 »