« 京急スタンプラリー | トップページ | 継投失敗 »

2017年8月11日 (金)

KN カウンセリングに行くのは「負け」? 働く女性の6割が「生きづらさ」感じる

カウンセリング会社のCM記事、
都合のよいアンケート結果。
がしかし、
診療やカウンセルに不満が多いというのは、
たぶんそうなのだろう。
時間をかけて話を聞いてくれて共感してくれる場・相手を求めるユーザーに対し、
時間いくらで商売やってる医者側と、
不一致があるからである。
そうなってしまうのは、
気分として心に元気がない状態と、
脳機能の特徴や伝達物質の分泌量など身体的な問題と、
明確に区別がつかないことから起こるのではなかろうか。
またユーザーには不明だが医者から見れば一目瞭然ということもありうる。
後者の場合であれば、
「効率よく解決したい」医者側と、
「効率よく解決したい」ユーザー側は利害一致し、
あまり不満とはならなそうな気がする。
※すべて想像w
■カウンセリングに行くのは「負け」? 働く女性の6割が「生きづらさ」感じる
(ウートピ - 08月09日 22:52)

« 京急スタンプラリー | トップページ | 継投失敗 »